投稿日:

当館より車で約80分。
★ 眞原桜並木 ★
北杜市武川(むかわ)町の眞原(さねはら)地区に広がる牧草地の道路脇に並ぶ200本ものソメイヨシノの並木。750メートルにわたり桜のトンネルが伸びています。昭和20年代に入植してきた人達が土地の発展を願い、昭和40年代にソメイヨシノを植樹したのが始まり。満開時には甲斐駒ヶ岳など南アルプスの残雪を眺めながら、桜吹雪のなかをゆったりと散策できます。近くには天然記念物の「山高の神代桜」も。近隣にはキジが生息し、約7万球のチューリップ畑も広がります。
■お問合せ:北杜市観光課 TEL:0551-42-1351
■例年見頃:3月下旬~4月上旬
▼詳細はこちらから▼
https://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4875.html

 

当館より車で約60分。
★ 山高神代桜 ★
1375(永和元)年に創建された日蓮宗の寺。境内には日本三大桜の「山高神代桜」があります。野生のエドヒガンザクラで推定樹齢は1800年とも2000年ともいわれ、日本で最古・最大の巨樹として大正時代に国指定天然記念物となりました。樹高10.3メートル、根回り13.5メートル。日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の折に植えたという伝説もあり、13世紀ごろには日蓮聖人がこの木の衰えの回復を祈ると再生したため「妙法桜」ともいわれます。新日本名木百選に選定されています。
■お問合せ:北杜市観光・商工課 TEL:0551-42-1351
■例年見頃:4月上旬~4月中旬
▼詳細はこちらから▼
https://kofu.mypl.net/mp/sakura_kofu/?sid=22724

 

当館より車で約75分。
★ 神田の大イトザクラ ★
樹齢約400年のエドヒガンザクラの変種で、戦国から江戸時代に世が移る頃、芽生えたと考えられています。根廻り8m 枝張り20m余り。県内でもまれな枝垂れ桜の巨木で、県の天然記念物に指定されています。周囲を田んぼに囲われ、見晴らしが良いところから、甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳をはじめ、残雪を戴いた周辺の山岳景観との共演は感動的です。地元では「花が一斉に開くときは豊年」という言い伝えもあります。例年の見ごろは4月中旬です。
■お問合せ:北杜市観光課 TEL:0551-42-1351
■例年見頃:4月中旬ころ
▼詳細はこちらから▼
https://kofu.mypl.net/mp/sakura_kofu/?sid=22725