石和温泉 郷 │ 春日居温泉 HOTEL春日居 河口湖など山梨県の観光を楽しめ旅館スタイルのホスピタリティが人気のリゾートホテル

 

 


石和温泉の温泉の歴史は、ある日ブドウ畑から湧き出した湯が始まりです。

1961年(昭和36年)1月、石和のぶどう園から高温の湯が湧きあがり、住民は驚きました。

付近の川に流れ出して誕生した『青空温泉』が有名になり、以来、石和は温泉観光地として発展してきました。

湯量が多く、また東京から電車でも1時間半程度、かつて石和温泉は旧甲州街道の宿場町として栄え、その歴史は古く、様々な文化施設や自然環境も多く残っている地域です。

首都圏からも近く石和温泉まで約1時間半ほどで来られ、奥座敷として発展し、 アクセスの良さと手軽さで連日多くの団体客様がこの温泉を訪れるようになりました。

しかし近年は、カップル様・ご夫婦様のお二人でのご旅行やご家族での温泉旅行で人気のスポットです。

石和温泉は旅行雑誌や宿泊情報サイトなどでも頻繁に紹介されるようになって、多くのお客様からご好評のクチコミをいただける関東エリアでも人気の温泉です。

写真 
右上 ブドウ畑から湧き出す温泉
右下 石和温泉の開湯当時の入浴風景


 
 
天気の良い日には、富士山の山頂を望め、 ゆっくりと湯に浸った肌に、笛吹川を渡ってくる苺翌ェ心地よい開放的な露天風呂。   大きく開放的な窓からは、四季の明かりが差し込みゆっくりと上質な温泉に浸ってご満喫いただけることができます。
     
 
 
スポーツを楽しんだ後にぴったりなサウナも完備いたしてます。美容にもたいへんよく、女性にも人気です。  

 


特別な薬石と源泉温泉の相乗効果で、やさしく大量の汗と老廃物を排出して体の中から癒される評判の岩盤浴。

天然のミネラルがいっぱいですべて自然界の物なので体吸収されやすく、サウナのように暑くもないので女性の方にも大人気です。

 

 

日帰り入浴のご案内

連休は取れないけど、たまの休日にはゆっくり温泉を楽しみたい...

そんな方に人気なのが、この日帰り入浴付きプランです。

お得なお食事とセットで、気軽に温泉旅行気分を堪能いtだけます。

 



温泉分析書 (抜粋)
泉質: 単純泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温: 56.6度 (測定時における気温 28.4度)
pH値: 9.33
知覚的試験: 無色透明 ほとんど無味 弱硫化水素臭
適応症: 神経症 筋肉痛 関節痛 五十肩 運動麻痺
関節のこわばり うちみ くじき 慢性消化器病
痔疾 冷え性 病後回復期 疲労回復 健康増進
禁忌症: 急性疾患(特に熱のある場合)
活動性結核 悪性腫瘍 重い心臓病
呼吸不全 腎不全 出血性疾患 高度の貧血
その他一般的に病勢進行中の疾患 
妊娠中(特に初期と末期)

 

 

 

 

 

 

Copyright (C)  石和温泉 ホテル春日居. All Rights Reserved.